お手入れ簡単!ピジョン電動鼻吸い器「シュポット」比較&レビュー

記事内のリンクには広告が含まれます。

保育園に通い始めてから風邪を引くことが激増し、我が家でもついに電動鼻吸い器を購入しました。

子ども用の鼻吸い器はさまざまなタイプが販売されているので、どれを購入するか迷ってしまいますよね。

我が家の過去の失敗
  • 安価なハンディタイプを買ってみたけれど、吸引力が弱くてメイン使いにできず
  • 他社の電動タイプは、使用前の水通しとチューブの洗浄が大変で使うのが億劫に

ピジョンの「シュポット」は吸引力と手軽さの両方を兼ね備えているので、いまでは我が家の必須アイテムです。

\ シュポットのここがおすすめ /

  • サッと使えてしっかり吸える
  • 洗うパーツが少ないのでお手入れがラク
  • サイズがコンパクトで収納もスッキリ

この記事では、ピジョンの電動鼻吸い器「シュポット」を実際に使ってみたレビューをご紹介するので、ぜひ読んでみてくださいね。

\ 吸引からお手入れまで手間いらず /

目次

SHUPOT(シュポット)

SHUPOT(シュポット)」はピジョンから2023年8月に発売された子ども向けの電動鼻吸い器です。

人気の電動鼻吸い器(型番:TP100)のリニューアル版で、さらに使いやすくなりました。

▼公式 YouTube

対象年齢0か月~
定価14,000円(税抜)
最大吸引圧-80kPa±15%
おかゆ

記載の定価は標準セットの金額です。

実際の製品を詳しくご紹介

実際に購入した商品を詳しくご紹介します。

▼シュポット

ピジョンのシュポット

▼中身はこちら

ピジョンのシュポットの内容

\ 製品の内容はこちら /

  • 本体
  • 専用アダプター
  • ノズル(Sサイズ)
  • 鼻水キャッチャー
  • チューブ
  • 取扱い説明書

旧製品はパステルブルーでしたが、新製品ではシンプルなホワイトになりました。

スイッチ部分はつまみ式で操作性が良く、両端に取っ手が付いているので持ち運びもしやすいです。

▼組み立てました

ピジョンのシュポット

本体の底部分にはシリコンの突起がついているので、すべりにくくなっています。

チューブの長さは約1m15cm、電源コードの長さは約1m40cmあるので、コンセントからある程度距離があってもOKです。

おかゆ

チューブをつなげるだけで組み立ても簡単です。

ノズルは2サイズから選べる

ノズルは「Sサイズ」と「Mサイズ」の2種類があるので、鼻のサイズに合わせて使い分けましょう。

標準ではSサイズが付属しており、Mサイズを使用したい場合には別途購入が必要です。

▼フィット鼻ノズル(別売)

ピジョンのシュポットのフィット鼻ノズル

Sサイズ:直径約1.4㎝
Mサイズ:直径約1.7㎝
※おかゆしらべ

我が家は本体と一緒にノズルも購入しましたが、2歳の息子にはSサイズで大丈夫でした。

Sサイズは洗い替えや予備で使えるしMサイズもいずれ使うので、一緒に買っておくと良いと思います。

\ 洗い替え用にあると安心 /

おかゆ

鼻水キャッチャーだけの販売もあるので、買い替え可能です。

ほかの製品との比較

子ども用の鼻吸い器は手動タイプやハンディ型の電動タイプなど、様々な種類が販売されています。

はじめて鼻吸い器を買うなら、まずはしっかり吸引できるコンセント式の電動を買っておきましょう。

スクロールできます
シュポット他社のコンセント式電動ハンディタイプの電動
吸引力しっかり吸えるしっかり吸えるそこそこ吸える
お手入れ分解洗浄OK
洗う部品は2つだけ
分解洗浄OK
チューブの洗浄が面倒
分解洗浄OK
パーツが少し細かい
価格13,200円9,799円3,850円
特徴シンプルなデザイン

お手入れがラク
コンパクトに収納できる
カラーが2色から選べる

ノズルの種類が豊富

スリムで片手で持てる
コンセント不要

どこでも持ち運びOK

音が小さいので睡眠中も
商品詳細

我が家は他社製品もレンタルで使用してみましたが、お手入れのしやすさで「シュポット」に決めました。

「ハンディタイプの電動」でご紹介したのは、「Dr.EDISON」の鼻吸い器です。

▼電動鼻水吸引器ハンディ

Dr.EDISONの電動鼻水吸引器ハンディ

ハンディタイプはどこでも手軽に使えるので、持ち歩き用などサブで使うにはとても便利だと思います。

\ いつでもどこでも片手で使える /

おかゆ

手元のボタンでON/OFFができるので、ハンディタイプも意外と便利です。

シュポットのおすすめポイント

実際に「シュポット」を使用してみて、中でもおすすめのポイントをご紹介します。

\ シュポットのここが便利 /

おかゆ

ひとつずつ詳しくご紹介します。

使い方が簡単でサッと吸える

「シュポット」はパーツが少なく組み立てがラクなので、使いたいときにサッと使えて便利です。

【使い方手順】

▼ ①「鼻水キャッチャー」を組み立てる

シュポットの鼻水キャッチャーを組み立てる

▼ ②ノズルを取り付ける

シュポットのノズルを取り付ける

▼ ③チューブにつなぐ

シュポットにチューブを取り付ける

▼ ④コンセントをさす

シュポットのコンセントを入れる

あとはスイッチを入れればすぐ鼻水を吸えるので、素早く吸引完了です。

チューブ内を鼻水が通過する製品では、鼻水がくっつかないよう吸引前後で「水通し」が必要です。

  • 別途ボウルに水を用意する必要がある
  • 用意した水を子どもが倒してしまう

少し手間が多くチューブの洗浄も大変だったので、スボラな我が家にはちょっと合いませんでした。

おかゆ

体調不良時は看病も大変なので、サッと使えるとたすかります。

洗う部品が少なくお手入れがラク

使用後は「鼻水キャッチャー」とノズルを洗うだけで良いので、お手入れが本当にラクです。

チューブの洗浄は思いのほか面倒なので、この手間が省けるだけかなりたすかります。

  • 洗いにくく綺麗になっているか不安
  • きちんと洗うには専用の器具が必要
  • 乾燥にも時間がかかりすぐ片付かない

鼻水キャッチャーは分解して洗えるし、細かい部品がないのでサッと洗えてすぐに乾きます。

▼パカッと3つに分解

ピジョンのシュポットの鼻水キャッチャー

きょうだいがいればノズルだけ交換して共用になると思いますが、消毒・除菌もできて安心です。

▼各種消毒・除菌もOK

煮沸レンジ薬液
ノズルOKOKOK
鼻水キャッチャーOKOKOK
チューブOKOKOK

レンジの場合は、電子レンジ専用の除菌器具をご使用ください

おかゆ

1日に何度も使うので、お手入れのしやすさはかなり重要です。

コンパクトで省スペース

1日に何度も使用するので、しばらく出しっぱなしにしておくことが多いですよね。

「シュポット」はサイズがコンパクトなので邪魔になりません。

▼省スペースです

ピジョンのシュポットを横から

幅  :16.6㎝
奥行き:13.4㎝
高さ :15.2㎝

本体上部のくぼんでいる部分には、チューブと「鼻水キャッチャー」を収納できます。

シリコンチューブは意外と収納場所に困るので、本体にスッキリ収納できて便利です。

▼収納時もコンパクトです

ピジョンのシュポットの収納方法

チューブなどのパーツは、本体に繋いだままの状態でもきれいに収納できます。

ノズルは「鼻水キャッチャー」内に収納できるので、唯一の小さなパーツもなくさず安心です。

おかゆ

これは旧製品にはなかった魅力ですね!

購入前に悩んだこと

実際の使用感を交えながら、購入前に悩んだポイントをご紹介します。

\ ここに悩みました /

おかゆ

ひとつずつ詳しくご紹介します。

①シュポットはしっかり吸える?

事前に見た口コミで「全然吸えない」「鼻水が残っている」という書き込みがありました。

実際に使ってみて分かったのは、うまく吸うには吸引力だけでなくコツが必要ということです。

NGな吸い方
  • 皮膚を吸い込んでノズルをふさいでいる
  • ノズルのサイズが合わず空気が漏れている

「シュポット」に限らず、やみくもに吸引力だけを上げてもうまく鼻水を吸えません。

一度コツをつかんでしまえばうまく吸えるので、はじめはうまく吸えなくても大丈夫です!

うまくいく吸い方
  • ノズルはまっすぐに入れる
  • 鼻水がある位置に少し動かしてあげる
  • ノズルは何度か鼻から抜いて入れ直す
  • 皮膚を吸わないようパワーを下げる
  • ノズルは適切なサイズを使う

ひとつ弱点として、「シュポット」はベタベタ・かたまりタイプの鼻水が苦手な印象があります。

ドロドロ・サラサラタイプは綺麗に吸えるので、綿棒などで先に手前のかたまりを取り除いておくと良いです。

おかゆ

1日に何度も吸うので、2〜3日あれば十分慣れます。

②電動鼻吸い器は子どもが怖がる?

電動鼻吸い器は「音が大きい」というイメージがあるので、子どもが怖がらないか不安ですよね。

公式HPによると動作音は「52dB」で、個人的な体感としてはシェーバー程度の音です。

▼動作音はこのくらいです
※ビーーーと音がなるのでご注意ください。

0歳児だと、音だけでなく「鼻水を吸われること」も嫌がって泣いていると思います。

我が家も0歳ではギャン泣きでしたが、2歳のいまは吸えばスッキリするので自ら鼻を出してくれます。

仮に泣かれてしまっても、めげずに鼻水を取り除いて悪化を防いであげましょう・・・!

おかゆ

動作音は吸引力のパワーに限らず同じ音量です。

③電動鼻吸い器は何歳頃まで使える?

育児グッズは使う期間が限られるので「何歳まで使えるか?」は気になりますよね。

一般的に3歳頃から鼻をかむ動作をし始めるそうですが、鼻水をしっかり排出できるようになるのは6歳頃からだそうです。

個人差はあると思いますが、比較的長く使える育児グッズなので2~3歳での購入でも全然遅くないと思います。

\ 長く使える育児グッズ /

  • 0~3歳は鼻吸い器でのサポートが必須
  • お子さまによっては6歳頃まで活躍
  • きょうだいがいる場合さらに長く使える

我が家も2歳のときに購入しましたが、大活躍してくれているので買ってよかったです。

おかゆ

0歳児はもちろん、どの年齢のお子さまにもおすすめです。

購入後に気になったこと

最後に購入後に気になったポイントを、購入前の注意事項としてご紹介したいと思います。

\ 購入の際はここに注意 /

おかゆ

ひとつずつ詳しくご紹介します。

①片手では持ちづらい

正直かなり使いやすい製品だったので、気になる点は特にありませんでした。

しいて言うならば、持ち手が両側についていて側面もフラットなので片手だと持ちづらいです。

▼下から持ち上げるタイプの持ち手です

ピジョンのシュポットを斜めから

本体の重量が約1kgあるので、安全性も考慮して「両手で持つ仕様なのかなと思いました。

我が家では使用中に移動させたいと思うことはなかったので、特に不便なく使用できています。

おかゆ

準備や片付けのときは両手で持って移動させましょう。

②放置すると逆流する場合がある

鼻水を吸いおわった状態で長時間放置してしまうと、チューブに鼻水が流れ込むことがあります。

流れ込んでしまった場合は、チューブと本体側の受け皿部分を洗う必要があります。

▼本体のこの部分です

ピジョンのシュポットの後ろ側

公式HPでは「多量の鼻水の場合」にも流れ込む可能性があると記載されていたので、ご注意ください。

本体側の部品は分解でき、細かいパーツもないのでさほど手間ではないです。

▼部品は2つです

ピジョンのシュポットの後ろ側を分解した様子

(我が家ではうっかり忘れて半日放置してしまい逆流してました・・・。)

使用後すぐに洗浄できないときは、とりあえず「鼻水キャッチャー」をチューブから外しておくのがおすすめです。

おかゆ

衛生面の観点からも早めの洗浄がいいですね。

まとめ

  • 組み立てが簡単なのでサッと使えて、しっかり鼻水を吸える◎
  • 洗うパーツは「鼻水キャッチャー」とノズルの2つだけで、分解しても細かい部品がないのでお手入れがラク
  • チューブやパーツはシュポット内に収納でき、コンパクトサイズなので省スペース
おかゆ

少しでも購入や買い替えをご検討中の方のご参考になれば嬉しいです!

\ 片手で使えてサッと吸える /

最後までご覧いただきありがとうございました!

\ ここをタップ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次